たろうはかせの孤軍奮闘記

公認会計士目指しています。1991年生まれ27歳。現実逃避にブログでも書きます。

【艦これ】6-5( KW環礁沖海域)下上ルートを考える。

艦これ(艦隊これくしょん)の攻略メモです。以下ゲームの内容です。

 

2019年2月現在において、6-5攻略には主に3つのルートがあります。

f:id:tarouhakase:20190201193511p:plain

 

便宜的に、それぞれを上ルート(ピンク)、下ルート(緑)、下上ルート(青)とします。前回は、下ルート(緑)について考察しました。

tarouhakase-takasaki.hatenadiary.jp

tarouhakase-takasaki.hatenadiary.jp

 

今回は、下上ルート(青)について考察していきます。このルートの強みとしては、戦艦(航空戦艦)を3隻導入することができる点です。更に基地航空隊を第一が拮抗、第二共にボス劣勢で調整することができます。下ルートでは第一・第二共にボス拮抗にする必要がありましたが、第二基地航空隊がボス劣勢でいいので、その分陸攻を多く飛ばすことが可能となります。

また、ボス到達時点で残燃料44%残弾薬56%なので、ギリギリで燃料ペナルティがかかるのが残念ですが、弾薬ペナルティを食らいません。これも魅力的です。

デメリットとしては、水上戦闘機の対空が高いやつ(強風・二式熟練)が必要になることです。更にその改修が必要になります。航空戦艦をメインとして使うので、その練度が高くなければいけません。

 

 

僕の下上ルート(青ルート)の攻略編成です。

f:id:tarouhakase:20190202102435p:plain
制空値を確保するために伊勢改二を主体とした航空戦艦を3隻採用。連撃をできるように偵察機も積んでいます。初手潜水マスから上ルートへ合流し、C→Dルートを通るために軽巡1隻、駆逐艦1隻を組み込む必要があります。ボス直前には対空マスを通るので摩耶改二、秋月で対空カバーです。軽巡は水上戦闘機を搭載できる由良改二を採用しています。駆逐艦は秋月を採用していますが、2019冬イベの新艦ジョンストンを採用していもいいと思われます。というのも、装備こそ必要ですがジョンストンの対空カットインは秋月型に匹敵するとされており、かつ無条件先制対潜が可能となっています。下上ルートでは初手が潜水マスなので、潜水対策ができるに越したことはありません。穴機銃はぶっちゃけ適当(というか装備揃ってない)のですが、可能であれば航空戦艦3隻には噴進砲改二を載せるとベストです。あとは三連装機銃集中配備☆maxがあればなお良しでしょう。

 

上記の水上戦闘機の改修が進んでいませんが、強風☆maxを2機、二式熟練☆maxを1隻用意することができれば、99%の確率で航空優勢が取れます。

f:id:tarouhakase:20190202103223p:plain

 

 

前述の通り、基地航空隊は第一がボス拮抗、第二がボス劣勢です。

●第一基地航空隊

f:id:tarouhakase:20190202104458p:plain

f:id:tarouhakase:20190202104940p:plain

●第二基地航空隊

f:id:tarouhakase:20190202105713p:plain
f:id:tarouhakase:20190202104543p:plain

 

第一基地航空隊でボス拮抗を取ることこそ厳しいかもしれませんが、最近は隼Ⅲの改修や銀河の入手(節分任務)が可能となっています。ボス拮抗を取ることは以前と比べて難しくありません。逆に言えば、もし第一基地航空隊でボス拮抗が取れないのならばこのルートは辞めたほうが無難でしょう。この他にも、同ルートで武蔵や大和を出す方法もあります。