たろうはかせの孤軍奮闘記

公認会計士目指しています。1991年生まれ26歳。現実逃避にブログでも書きます。

MERIDA Crossway Breeze TFS-100R(クロスバイク)のヘッドセット調整 その2

クロスバイクである相棒のエルメスキノの旅から)をカスタマイズするに当たって、実践したことをブログに書き起こしています。自転車に関しては毛が生えた程度の知識しかありませんが、Youtube等を参考にし、メンテナンス・カスタマイズしています。

 

昨日の続きです。フォーク(前輪)周りのメンテナンスです。昨日30分以上頑張っても外れなかったクラウンレース(下玉押し)が、専用工具を使ったところ、すんなり外れました。さすがです。

 

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) SC-916 クラウン コーン リムーバー

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) SC-916 クラウン コーン リムーバー

 

 

 

左にあるのが、外れた金具です。

f:id:tarouhakase:20180110141522j:image

 

 

BEFORE

f:id:tarouhakase:20180109153149j:plain

 

 

AFTER

f:id:tarouhakase:20180110141524j:image

 

はめ込んであったシルバーの金具が取れたのが分かります。下手くそ過ぎて、周りの塗装が剥げてしまっているのですが、これは後日直します。

 

もともと金具がついていたところに、サビが発生しています。クレ55-6である程度綺麗にしましたが、最終的にはフォークの交換ということになるでしょう。しかし、Vブレーキ仕様のフォークで、できればカーボンということになると、3万円以上はかかってくるのでそれはまた数年後になります。

 

 

 

 

 

 

もう一つ。ワン外しです。これは専用のリムーバーを使います。

 

 

 

こんな感じで、ハンマーで押し込んで古い金具を外します。地面に落ちているのが、外れた金具(ワン)です。これはフレーム本体と、フォーク(前輪)、ハンドルを上手く結合させるためのパーツの一つです。今回はここも交換します。

 

 

 

f:id:tarouhakase:20180110145825p:plain

 

 

 

さあ、これで全ての古い部品を外すことが出来ました。まだ新しい部品が届いていないのですが、届き次第、新しい部品を組み上げていきます。それでは。