たろうはかせの孤軍奮闘記

公認会計士目指しています。1991年生まれ26歳。現実逃避にブログでも書きます。

MERIDA crossway breeze tfs100 のブレーキ・ホイール交換

f:id:tarouhakase:20161216160510j:image

 

 

今回は久しぶりに、相棒であるMERIDAのクロスバイクをカスタマイズします。

 

2017年モデルが発売されましたが、従来の7段変速から8段変速にチェンジしたようです。それに対抗するという訳ではありませんが、こちらも7段変速から8段変速に換えることにしました。リアディレイラーはALTUSですが、これは7sと8sに対応しているため、今回は変速機を変えずに、スプロケット交換とシフトレバー交換で8s化です。

 

 

 

 

今回カスタマイズした点は以下の通りです。

 

   【ブレーキ】

deoreにグレードアップ。ついでにパワーモジュレーター装着です。

f:id:tarouhakase:20161216160940j:image

 

 

 

 

【ホイール】

shimanoのrs-10です。鉄下駄と言われていますが、それ以前の問題であったオマケホイールからの変更です。

f:id:tarouhakase:20161216161044j:image

 

【タイヤ】

コンチネンタルgrandprix4000の25cにしました。元々のこの自転車は32cだったのですが、今回は思いきって2サイズダウンです。

 

【泥除け】

実は一番頑張った部分。weegleで注文したmk3です。日常生活でも使うことを想定したので、泥除けは是非つけたかった部分です。しかし、イマイチ見た目がしっくりこないものが多く、泥除けをつけるとダサく見えるということがネックでした。それを解消してくれた、というかこれだ!と思ったのがこの製品です。ロードバイクよ用に作られているということもあり、非常に軽いです。唯一の問題が、泥除けmk3のアームと、後輪のvブレーキと干渉していまったことですが、これは泥除けの2本あったうち1本のアームを思いきって切断し、タイラップで釣り上げることて解消しました。

f:id:tarouhakase:20161216161737j:imagef:id:tarouhakase:20161216161044j:imagef:id:tarouhakase:20161216163827j:image

 

スプロケット

8段変速のshimano13-23Tです。軽いギアがありませんが、そこはクロスバイクの強みというか、フロントの48-38-28Tがあるので、後輪が重くても問題ないと判断しました。それよりもギア比が狭いことで、よりスムーズな変速が期待できます。10kmほど標高差400mの山道を試走してきましたが、いい感じです。

f:id:tarouhakase:20161216162345j:image 

 

余談ですが、スプロケットの開封時、プラスチックの芯が入っていますが、これは中央部分を指で強く押すと外れます。最初外し方が分からず、インターネットで検索するも答えが分からず、30分程苦労した挙句、ようやく外れました。折角なので記録として書いておきます。

f:id:tarouhakase:20161216163122j:image

 

 

【ハンドル】

フラットバー左右を3cm切り詰め、従来のgp3からgp5に変更しました。サイコンは自転車乗りの後輩が使っていないものを譲ってもらいました。

f:id:tarouhakase:20161216162320j:image

 

【リッスンステッカー】

ラジオでメールが読まれると貰える、文化放送様のリッスン2→3ステッカー。少々勿体ないですが、白い部分を切りとって、文字の部分だけをフレームに貼りました。これでリッスンの宣伝をしながら走ります。

f:id:tarouhakase:20161216162812j:imagef:id:tarouhakase:20161216162827j:image

 

 

 

さて、これでMERIDAの改装は終了です。これ以上カスタマイズすることはありません。本体購入時が税込6万円ですし、クロスバイクにしては重いという難点もあります。日常使いから、トレーニングまで快適に使えるようにはなっていますが、本格的なレースに出るとすればロードバイクのほうに行かざるを得ません。まぁ、当分の間はお金がないので、暫くはこのMERIDA(すみれちゃん)に乗りつつ頑張ります。ここまででかかった金額は後日まとめます。

 

 

 

 

[2017/04/20追記]

この時点でチェーンプロテクターを変えました。チェーンプロテクターとは、

f:id:tarouhakase:20170420210942j:plain

 赤丸の箇所に巻いているパーツです。これは段差等でチェーンがフレームとぶつかった時に、フレームが傷つかないように保護するためにつけています。あまり高い自転車ではありませんが、大事に使っていきたいですから、こういうものがあるんだと知って使うことにしました。購入当初は分厚いシールが貼られていたのですが、結構汚れが目立って来ましたし、黒色の布だと汚れも目立たず、交換も楽です(シールは剥がすのにすごい苦労しました)。値段も高くないのでおすすめです。