たろうはかせの孤軍奮闘記(新)

愛車はMERIDA クロスウェイブリーズ(すみれちゃん)です。

『夜は短し歩けよ乙女』 第一章 語句の意味まとめ

今更ではありますが、森見登美彦夜は短し歩けよ乙女』を読むにあたって、個人的に分からなかった語句をまとめました。解釈については個人的なものなので、一つの'参考'として捉えて下さい。数字はページ数(文庫版)です。

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

 

 

7 酒精(しゅせい)

エチルアルコールのこと。(goo辞書

 

   路傍(ろぼう)

道のほとり。みちばた。路辺。(goo辞書

 

諸賢(しょけん)

多くの賢人。

多くの人々に対して敬意を込めて呼ぶ語。代名詞的にも用いる。みなさん。「―のご健康を祈る」(goo辞書

「読者諸賢」という表現が森見氏独特の言い回しですね。

 

   玩味(がんみ)

言葉や文章などの表している意味や内容などを、よく理解して味わうこと。「古典の作品を熟読―する」(goo辞書

 

   妙味(みょうみ)

 なんとも言えない味わい。非常にすぐれた趣。醍醐味 (だいごみ) 。「すぐれた作品のもつ―」(goo辞書

 

 8  完膚なきまで(かんぷなきまで)

無傷のところがないほど徹底的に。「―に論破される」(goo辞書
完膚というのは、傷のない「完」全な皮「膚」のこと

 

   燎原(りょうげん)

野原を焼くこと。また、火の燃えひろがった野原。(goo辞書

 

   満腔(まんこう)

からだじゅう。満身。「―の敬意を表する」(goo辞書

 

 9 聖人君子(せいじんくんし)

知識や徳の優れた、高潔で理想的な人物。「―のような振る舞い」(goo辞書

 

   内輪(うちわ)

外部の者を交えないこと。うちうち。身内。「―で祝う」(goo辞書

 

    師匠筋(ししょうすじ)

師匠に当たる人。(知恵袋

 

10 偕老同穴(かいろうどうけつ)

《「詩経」邶風・撃鼓の「偕老」と「詩経」王風・大車の「同穴」を続けていったもの。生きてはともに老い、死んでは同じ墓に葬られる意》夫婦が仲むつまじく、契りの固いこと。(goo辞書

 

    天衣無縫(てんいむほう)

天人の衣服には縫い目のあとがないこと。転じて、詩や文章などに、技巧のあとが見えず自然であって、しかも完全無欠で美しいこと。また、そのさま。「―な(の)傑作」(goo辞書

 

    恬然(てんぜん)

 物事にこだわらず平然としているさま。「―とした態度」(goo辞書

 

    体たらく(ていたらく)

《「たらく」は、断定の助動詞「たり」のク語法》ありさま。ようす。ざま。現在では、ののしったり自嘲をこめたりして、好ましくない状態にいう。「初日から遅刻とはなんという―だ」(goo辞書

 

 11 鵜の目鷹の目(うのめたかのめ)

 鵜や鷹が獲物を求めるように、熱心にものを探し出そうとするさま。また、その目つき。「―で掘り出し物を探す」(goo辞書

 

   一献(いっこん)

1杯の酒。また、酒を酌んで飲むこと。「―傾ける」(goo辞書

 

 12 所存(しょぞん)

心に思うところ。考え。「精いっぱい努力する―です」(goo辞書

 

   臍を固める(ほぞをかためる)

決意を固める。覚悟を決める。「―・めて事に当たる」(goo辞書

 

   霧消(むしょう)

霧が晴れるように消えてなくなること。「不安が―する」「雲散―」(goo辞書

 

13 無手勝流(むてかつりゅう)

《剣豪の塚原卜伝 (つかはらぼくでん) が、渡し船の中で真剣勝負を挑まれた時、州 (す) に相手を先に上がらせ、自分はそのまま竿を突いて船を出し、「戦わずして勝つ、これが無手勝流」と、その血気を戒めたという故事から》

自分勝手なやり方。自己流。

 

   一抹の(いちまつの)

ほんのわずか。かすか。「―の不安が残る」(goo辞書

 

   翳り(かげり)

太陽や月の光が雲などによって少し暗くなること。また、その部分。 表情などの、どことなく影がさし、暗くなったような感じ。「表情に―が見られる。 よくない兆候。「景気に―が出る」

つまりは、翳り=不安ではないかと。(goo辞書

 

   ラム

糖蜜発酵させて造る蒸留酒。特有の香味があり、アルコール分は約45パーセント。カクテルや香味料にも用いる。ラム酒。(goo辞書

 

 14 豪奢(ごうしゃ)

非常にぜいたくで、はでなこと。また、そのさま。「―な暮らし」(goo辞書

 

    アカプルコ

画像 ラム+オレンジ+レモン

 

    キューバ・リバー

画像 キューバリブレとも。コーラ+ラム+ライム。確かキューバの独立を祝って作られたとか聞いたような気がします。キューバのリバー(liber・自由)。

 

    ピナコラーダ

画像 ラム+パイナップル+ココナッツ

 

   飲みつ飲まれつ(のみつのまれつ)

「持ちつ持たれつ」を文字ったもの?「持ちつ持たれつ」の意味は「互いに依存合い助け合うことによって,両者とも存続するさま。(weblio)」

 

   猛々しい(たけだけしい)

勇ましくて強そうである。「―・い武将」(goo辞書

 

 15 ナイスミドル

 《〈和〉nice+middle》かっこよさと思慮深さとを兼ね備えた中年男性。同様の中年女性をナイスミディ(nice midi)ともいう。  (コトバンク

 

    無粋(ぶすい)

[名・形動]世態・人情、特に男女の間の微妙な情のやりとりに通じていないこと。また、そのさま。遊びのわからないさま、面白味のないさまなどにもいう。やぼ。「―なことを言う」「―な客」⇔。(goo辞書

 

16 千金(せんきん)

多額の金銭。また、非常に価値の高いこと。「一攫 (いっかく) ―」(goo辞書

 

   乱痴気騒ぎ(らんちきさわぎ)

はめを外し、入り乱れて騒ぐこと。どんちゃん騒ぎ。「上を下への―」(goo辞書

 

17 哀切(あいせつ)

非常に哀れでもの悲しいこと。また、そのさま。「―を極めた物語」(goo辞書

 

18 萌葱色(もえぎいろ)

画像

 

   酩酊(めいてい)

[名](スル)《古くは「めいでい」とも》ひどく酒に酔うこと。「度を過ごして―する」(goo辞書

 

19 袋小路(ふくろこうじ)

行きどまりになっている路地。袋道。 物事が行きづまって先に進めない状態。袋道。「審議は―に入ってしまった」(goo辞書

 

21 若人よ、自分にとっての幸せとは何か、それを問うことこそが前向きな悩み方だ。そしてそれをつねに問い続けるのさえ忘れなければ、人生は有意義なものになる

何気に名言だと思います。いい言葉だったので書きとどめておきます。

 

22 仔細(しさい)

 事細かであること。また、そのさま。詳細。「―な検討」「―に述べる」(goo辞書

 

24 春画(しゅんが)

昔のHな絵のことです。

 

   鯨飲(鯨飲)

[名](スル)鯨が水を飲むように、酒を一時にたくさん飲むこと。牛飲。(goo辞書

 

26 慮る(おもんぱかる)

《「おもいはかる」の音変化。「おもんばかる」とも》周囲の状況などをよくよく考える。思いめぐらす。「相手の体面を―・る」(goo辞書

 

28 快活(かいかつ)

気持ちや性質が明るく元気のよいさま。「―な性質」「―な少女たち」(goo辞書

 

   河岸(かし)

飲食・遊びなどをする場所。(goo辞書

 

30 久闊を叙す(きゅうかつをじょす)

 無沙汰をわびるあいさつをする。久し振りに友情を温める。「互いに―・する」(goo辞書

 

31 敢然(かんぜん)

困難や危険を伴うことは覚悟のうえで、思い切って行うさま。「―と難局に立ち向かう」(goo辞書

 

   早計(そうけい)

早まった考え。十分に考えないで判断すること。また、そのさま。「そう結論するのは―だ」「―に失する」(goo辞書

 

   奇々怪々(ききかいかい)

《「奇怪」のそれぞれの字を重ねて意味を強めた語》きわめて奇怪なこと。また、そのさま。「―な事件」(goo辞書

 

   奇怪(きかい)

常識では考えられないほど怪しく不思議なこと。また、そのさま。きっかい。「―な事件が起こる」(goo辞書

 

   満天下(まんてんか)

この世に満ちていること。また、世の中全体。「―に知られる」(goo辞書

 

   逢瀬(おうせ)

会う時。特に、愛し合う男女がひそかに会う機会。「たまさかの―を楽しむ」(goo辞書

 

   手ぐすね引く(てぐすねひく)

十分用意して待ちかまえる。準備して機会を待つ。「―・いて待ち受ける」(goo辞書

手ぐすね(手薬煉)とは、弓の弦に塗るものだそうで、用意周到に準備して待つ、という意味から来たそう(語源由来辞典

 

32 知己(ちき)

自分のことをよく理解してくれている人。親友。「この世に二人とない―を得る」(goo辞書

 

33 狼藉(ろうぜき)

《「史記」滑稽伝による。狼 (おおかみ) は寝るとき下草を藉 (ふ) み荒らすところから》[名]無法な荒々しい振る舞い。乱暴な行い。「―を働く」「乱暴―」(goo辞書

 

   痛快無比(つうかいむひ)

胸がすっとして、ものすごく楽しくて気持ちのよい様子。(四字熟語オンライン

 

   英傑(えいけつ)

知力、勇気などのすぐれている人。英雄豪傑。「一代の―」(goo辞書

 

   しずしず

動作などが、静かにゆっくりと行われるさま。「―と祭壇の前に進み出る」(goo辞書)。漢字で書くと、「静静」

 

34 昼日中(ひるひなか)

昼間」「日中」を強めていう語。まっぴるま。「―から酒を飲む」(goo辞書

 

   吝嗇家(りんしょくか)

ケチ。

 

   お大尽(おだいじん)

遊里で多くの金を使って豪遊する客(goo辞書)。大尽(だいじん)に丁寧語「お」をつけた形。

 

   幇間(ほうかん)

宴席に出て客の遊びに興を添えることを職業とする男性。幇間 (ほうかん) 。(goo辞書

 

35 煩悶(はんもん)

いろいろ悩み苦しむこと。苦しみもだえること。「独りで―する」(goo辞書

 

38 三々五々(さんさんごご)

三人、五人というような小人数のまとまりになって、それぞれ行動するさま。三三両両。「生徒が―帰っていく」(goo辞書

 

   恰幅(かっぷく)

肉づきや押し出しから見た、からだの格好や姿。からだつき。「―のいい紳士」(goo辞書

 

39 格調(かくちょう)

詩歌・文章・演説などの構成や表現から生じる全体の品格。「―の高い文章」(goo辞書

 

40 暗澹(あんたん)

将来の見通しが立たず、全く希望がもてないさま。「―とした表情」「―たる人生」(goo辞書

 

   捨て鉢(すてばち)

どうともなれという気持ち。また、そうした気持ちであるさま。自暴自棄。「失敗続きで―になる」「―な態度」(goo辞書

捨て鉢の語源はこちらの方に詳しく書いてあります。

 

   莚を分かつ(えんをわかつ)

莚=ムシロ。つまり、寝床を分かつ。=さようならバイバイ、という意味らしいです。(知恵袋

 

41 惨状(さんじょう)

思わず目をそむけたくなるような、むごたらしいありさま。また、いたましいありさま。「事故現場の―」「難民の―を報じる」(goo辞書

 

 42 色事(いろごと)

 男女間の恋愛や情事。「―には縁遠い生活」(goo辞書

 

   講釈(こうしゃく)

書物の内容や語句の意味などを説明すること。「論語を―する」(goo辞書

 

43 板塀(いたべい)

画像

 

46 濛々(もうもう)

霧・煙・ほこりなどが立ちこめるさま。「―と砂ぼこりをまき上げる」(goo辞書

 

   怪訝(けげん)

不思議で納得がいかないこと。また、そのさま。「―な顔をする」「―そうにじろじろ見る」(goo辞書

 

 47 てまえ

自分ですること。自前。(goo辞書

 

   投げ銭(なげせん)

大道芸人こじきなどに、金銭を投げ与えること。また、その金銭。なげぜに。(goo辞書

 

50 目眩く(めくるめく)

 目がくらむ。めまいがする。「―・く心地がする」(goo辞書

 

   千万(せんばん)

 形容動詞の語幹や性質・状態を表す体言に付いて、その程度がはなはだしいという意を添える。「無礼―」「迷惑―」(goo辞書

 

51 四当五落(よんとうごらく)

寝る間も惜しんで勉強して4時間の睡眠なら合格するが、5時間も眠っているようでは合格できない(睡眠健康大学

 

 52 奇天烈(きてれつ)

非常に風変わりであるさま。多く「奇妙きてれつ」の形で用いる。「奇妙―な格好」(goo辞書

 

 53 荘厳(そうごん)

 重々しくおごそかなこと。おごそかでりっぱなこと。また、そのさま。「―な式典」(goo辞書

 

 54 欄干(らんかん)

 画像

 

   大見得を切る(おおみえをきる)

歌舞伎で、役者が特に際だった見得の所作をする。
自信のあることを強調するために大げさな言動をとる。また、出来もしないことを出来るように言う。(goo辞書
こちらに、欄干に足を掛けて大見得を切る石川五右衛門の絵が載っています。

 

   睥睨(へいげい)

にらみつけて勢いを示すこと。「天下を―する」(goo辞書

 

    鬼やらい(おにやらい)

追儺(ついな)とも言う。節分の日の豆まきの事。「鬼は外、福は内」といって升から豆を取り出し、投げつけるイメージでしょう。(weblio

 

    乱心(らんしん)

心が乱れ、狂うこと。逆上したりして分別をなくしてしまうこと。「怒りのあまり―する」「―者 (もの) 」(goo辞書

 

55 丑三つ時(うしみっつどき)

深夜2時ごろ。(知恵袋

 

    好事家(こうずか)

 物好きな人。また、風流を好む人。(goo辞書

 

56 上洛(じょうらく)

地方から京都へ行くこと。「東山道を経て―する」(goo辞書

 

   悶々(もんもん)

悩み苦しむさま。「―として夜を明かす」(goo辞書

 

    策を弄する(さくをろうする)

必要以上に策を用いる。(goo辞書

 

 57 満座(まんざ)

人がその座いっぱいになっていること。また、その座にいる人すべて。「―の注目を集める」(goo辞書

 

 59 燦然(さんぜん)

 きらきらと光り輝くさま。また、はっきりしているさま。鮮やかなさま。「―と輝く星」「―たる宝冠」(goo辞書

 

   万国旗(ばんこくき)

画像

 

    瀬戸引き(せとびき)

鉄製の器具の表面を琺瑯質 (ほうろうしつ) でおおうこと。また、その製品。琺瑯引き。(goo辞書

 

 60 寄席文字(よせもじ)

画像

 

   満艦飾(まんかんしょく)

海軍礼式の一。祝祭日や観艦式などの際に、停泊中の軍艦が艦全体を信号旗・万国旗などで飾りたてること。
身なりを盛んに飾りたてたり、物をいっぱいにつるしたりしたようすを1にたとえていう語。「―のいで立ち」(goo辞書)

 

 61 満々(まんまん)

満ちあふれているさま。満ち満ちているさま。「―と水をたたえたダム」「―たる自信」(goo辞書

 

 63 借財(しゃくざい)

金を借りること。また、借りている金。借金。「―して事業を立て直す」(goo辞書

 

 64 心持ち(こころもち)

感じていることや思っていること。気持ち。気分。「子を持って、親の―がわかった」「一杯の酒で好い―になる」(goo辞書

 

65 莞爾(かんじ)

にっこりと笑うさま。ほほえむさま。「―として笑う」(goo辞書

 

66 懐手(ふところで)

和服を着たとき、手を袖から出さずに懐に入れていること。 冬》「―こころ見られしごとほどく/汀女」(goo辞書

 

 71 看取(かんしゅ)

見てそれと知ること。観取。「相手の言動からその意図を―する」(goo辞書

 

    真善美(しんぜんび)

認識上の真と、倫理上の善と、審美上の美。人間の理想としての普遍妥当な価値をいう。(goo辞書

 

   うち揃う(うちそろう)

全部が一つにまとまる。きちんとそろう。「家族―・って出かける」(goo辞書

 

 74 夜は短し歩けよ乙女(よるはみじかしあるけよおとめ)

この作品のタイトルともなっている言葉です。もともとの言葉は「命短し、恋せよ乙女」だとされています(知恵袋)。この言葉は「ゴンドラの唄」の歌詞の一部で、黒澤明監督の映画「生きる」の中で歌われたものです(参考)。映画を見たことがないので何とも言えませんが、あらすじを見た限りでは、主人公が自分の人生と重ね合わせて「恋というのは若いうちしか出来ないものだ(?)」というようなニュアンスで、この言葉に人生の短さや儚さを歌ったのではないかと邪推します。

転じて、「夜は短し歩けよ乙女」の言葉の意味ですが、65頁でこの言葉が初登場します。この場面ですが、主人公の黒髪の乙女と李白氏が飲み比べをしているシーンです。まず李白氏が「ただ生きているだけでよろしい」「おいしくお酒を飲めばよろしい。一杯一杯又一杯」と言います。続いて黒髪の乙女が「李白さんはお幸せですか」と問いかけたのに対して、李白氏は「無論」と答えています。つまりこの場面での李白氏は、上述した映画「生きる」での主人公の姿と重ね合わせることが出来ます。偽電気ブランを楽しみながら今までの人生を振り返り、「ただ生きているだけでよろしい」「おいしくお酒を飲めればよろしい」という言葉を発したのだと思います。そうすると、その流れで「夜は短し歩けよ乙女」という言葉を発したと解釈することができますが、これは主人公が「うわばみ」であることや、まだ若いことを考慮しての発言でしょう。

ここでの「夜は短し歩けよ乙女」の「歩けよ」の意味ですが、文字通りの歩く=walkではないと思います。というのは、この言葉をそのままの意味で解釈すると「夜は短いから歩きなさい(?)」という意味不明な文章になります。goo辞書で「歩く」という言葉の意味を調べましたが、

 

足を動かして前に進む。歩行する。あゆむ。「―・いて帰る」「野山を―・く」
あちこち動き回る。移動する。必ずしも徒歩と限らず、乗り物などで外出する場合にもいう。「得意先を―・く」「世界を股 (また) にかけて―・く」
野球で、打者が四死球で塁に出る。「怖いバッターを―・かせる」
月日を経る。過ごす。あゆむ。「―・いてきた半生を振り返る」
(他の動詞の連用形に付いて)あちこちで…してまわる。「尋ね―・く」「酒場を飲み―・く」

という5つの意味があることが分かります。

 

さて、このどれが一番近いニュアンスなのかと悩む所ですが、私は5番と4番に近いのではないかと考えます。というのも、そもそもこの言葉が発せられた場面が上述した飲み比べというシチュエーションであり、その前に李白氏は「おいしくお酒を飲めればよろしい」とさえ言っています。つまり、「夜は短し(お酒を飲み)歩けよ乙女」という意味にも取れるのです。この言葉の意味で解釈すれば、「夜というのは短い=あっという間だから、たくさんお酒を飲んで(盃を交わして)、いろいろな人と出会いなさい。それが行く行くは人生の糧になるでしょう」ということになります。しかし、「夜は短いからたくさん酒を飲め」という意味でこの小説のタイトルとなっているのは考えづらく、そこまでこの言葉の意味は単純では無いと思われます。

ここで思い出して頂きたいのが、この言葉の語源?ともなった「命短し恋せよ乙女」の意味です。その解釈は十人十色ですが、李白氏が年齢を重ねた好々爺であることを踏まえて、今までの人生を振り返りつつ「夜は短し歩けよ乙女」と発言したのだと思います。つまり「短し」の意味は5番の意味も確かに包含するでしょうが、4番の「月日を歩む」という意味も踏まえているのではないでしょうか。4番の意味で「夜は短し歩けよ乙女」という言葉を発したと考えれば、「夜は短い=人生は短いのだから、歩けよ=1日1日を大切にして過ごしなさい」と解釈することが出来ます。なぜならば、「夜は短し歩けよ乙女」の言葉が発せられる前には「李白さんはお幸せですか」という黒髪の乙女からの問いかけがあったからです。そこで李白氏は「無論」と即答し、黒髪の乙女から「それは大変喜ばしいことです」と評されています。このやり取りを踏まえれば、李白氏の「無論」という言葉の意味には「長い人生であったが、幸せであった」という自身の過去を振り返るニュアンスが含まれていると考えられます。すなわちその流れで「夜は短し歩けよ乙女」と発したのですから、自身の人生を振り返りながら「夜は短し=ここでの夜とは、すなわち人生のことではないでしょうか、歩けよ=1日1日を大切に過ごしなさい」という意味だとも言えるのです。

更には、2番の「あちこち歩きまわる」という意味で言えば、これは「歩きまわることによって、いろいろな人と出会いなさい」とひも付けすることが出来ます。事実、主人公である黒髪の乙女は、李白氏に会うまでに色々な場所を歩きまわってきており、そこで色々な人と出会いました。冒頭で言われているように「役者で満ちたこの世界において、誰もが主役を張ろうと小狡く立ちまわるが、まったく意図せざるうちに彼女はその夜の主役であった」のです。

 

ここまでの意味を総合すると、「夜は短し歩けよ乙女」とは、「人生というのは短いのだから、(お酒の席も含めて)沢山の人との出会いを楽しみなさい。それがやがてはあなたの人生の糧となり、原動力ともなるだろう。幸せの定義は人それぞれ異なるだろうけれども、私(李白)は、ただ生きているだけ(人との出会いを楽しむだけ)で幸せだと思う。黒髪の乙女よ、夜は短いのだから歩きなさい。沢山の人生観を持った人と出会い、そして成長しなさい」という意味ではないかと解釈します。

 

そして、もう一つだけ考えておきたいのが、21頁で東堂氏が発言した「若人よ、自分にとっての幸せとは何か、それを問うことこそが前向きな悩み方だ。そしてそれをつねに問い続けるのさえ忘れなければ、人生は有意義なものになる」という言葉です。65頁での飲み比べの場面とは直接の因果関係はありませんが、21頁での東堂氏の発言は「夜は短し歩けよ乙女」に集約されるのだと思います。

 

[2017/04/08追記]

この小説を題材にした映画「夜は短し歩けよ乙女」が公開されました。まだ見ていないのですが、機会を見計らって映画を見に行きます。予告編のpvを見たところでは、どうやら小説の第一章「夜は短し歩けよ乙女」だけではなく第二章「深海魚たち」、第三章「御都合主義者かく語りき」、第四章「魔風邪恋風邪」のまるまる1冊分が映画として完成している様です。てっきりこの第一章だけで終わるのかしらと思っていたばっかりで、早く映画が見たくなってきました。映画を見たらまたこの小説について考察したいと思います。更には、おざなりにしてきた第二章から第四章の語句の意味纏めも再開しますのでどうぞ宜しくお願いします。


『夜は短し歩けよ乙女』 90秒予告

 

 

[2017/04/14追記]

第二章「深海魚たち」の語句まとめをしました。参考にして下さい。

tarouhakase-takasaki.hatenadiary.jp

 

 

[2017/04/23追記]

第三章「御都合主義者かく語りき」の語句まとめはこちらです。

tarouhakase-takasaki.hatenadiary.jp

『宵山万華鏡』「宵山姉妹」語句の意味まとめ

森見登美彦宵山万華鏡』を読むにあたって、個人的に分からなかった語句をまとめました。解釈については個人的なものなので、一つの'参考'として捉えて下さい。数字はページ数(文庫版)です。

 

宵山万華鏡 (集英社文庫)

宵山万華鏡 (集英社文庫)

 

この作品は難しい語句が比較的少なく、サクサクと読めます

 

 

12 意匠(いしょう)

美術・工芸・工業製品などで、その形・色・模様・配置などについて加える装飾上の工夫。デザイン。(goo辞書

 

14 戦々恐々(せんせんきょうきょう)

おそれて、びくびくするさま。おそれつつしむさま。「―として父親の怒りが治まるのを待つ」(goo辞書

 

   宵山(よいやま)

本祭の前夜に行う小祭。特に、京都祇園祭宵宮 (よみや) goo辞書

 

15 堂に入る(どうにいる)

学問や技芸がすぐれて、深奥をきわめている。また、技術的に熟練していて、身についている。「―・った演技」(goo辞書

 

19 往来(おうらい)

人や乗り物が行き来する場所。道路。「―で遊ぶ」(goo辞書)

 

33 燦然(さんぜん)

きらきらと光り輝くさま。また、はっきりしているさま。鮮やかなさま。「―と輝く星」「―たる宝冠」(goo辞書

 

35 深奥(しんおう)

非常に奥が深いこと。また、そういうところや、そのさま。深遠。「学の―を窮める」「―な哲理」(goo辞書

 

37 端を発する(たんをはっする)

それがきっかけになって物事が始まる。「領土問題に―・した紛争」(goo辞書

 

38 絢爛(けんらん)

華やかで美しいさま。きらびやかなさま。「豪華―」(goo辞書

 

   大仰(おおぎょう)

大げさなこと。また、そのさま。誇大。「―な言い方」(goo辞書

 

39 門灯(もんとう)

門口や門柱に取り付けた電灯。(goo辞書

 

41 猛然(もうぜん)

勢いの激しいさま。「―と駆けだす」(goo辞書

 

 

 

余談ですが、この作品は『日本文学100年の名作 第10巻 2004-2013 バラフライ和文タイプ事務所』(2015),新潮文庫 の中にも掲載されています。

 

 

 

MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-R (クロスバイク)のブレーキ・シフター交換

メリダ -MERIDA- | ラインナップ | クロスバイク | CROSSWAY BREEZE TFS 100-R

クロスバイク)のカスタマイズをしたので、記録として残しておきます。

f:id:tarouhakase:20160614230131j:plain

 

 

 

 

 今回はハンドル周りその2です。

 

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト [TL-LD155-R] OMNI-5 オムニファイブ リア用

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト [TL-LD155-R] OMNI-5 オムニファイブ リア用

 

 

 

正面から見るとこんな感じ

f:id:tarouhakase:20160614230156j:plain

 

 

 

 

さて、これでやっと本格的に走れるようになりました。本当はタイヤ・ホイールも変えたいのですが、タイヤ周りをカスタマイズするとなると、新たに三万円ほど必要になるのでまた来月や再来月に回そうとおもいます。とりあえず晴れた日にサイクリングロードにでも行って、写真をとることにします。

 

 

 

 

 

[2017/04/20追記]

この時点でブレーキを交換しています。使ったパーツはこちらです。

 

 

 

 

とりあえずシマノ製にしたかったというのと、値段も抑えめでアマゾン・レビューがそこそこ良かったというのが理由です。メリダ クロスウェイブリーズTFS-100Rでは、使用されているブレーキがvブレーキですので、そのカテゴリから選ぶことになります。最終的には、ワンランク上のこちらになりましたが、その辺は好みで選んで問題ありません。両者の違いは軽さや、デザイン、ブレーキの効きにあるようですが、前者でも全然問題なくいけます。 

 

 

vブレーキを交換する際に一つだけ注意点を書いておきます。

台座に3つの穴があると思います。基本は真ん中の穴に入れるらしいです。入れる穴によってブレーキの効き目?が調整できる模様ですが、その辺は「Vブレーキ 台座 3つ」でググると詳しいブログ等が見つかりますので、そちらをご参照下さい。

 

あとは、この時点でフロントディレイラーを変えています。

 

 

リアディレイラーは同じものだったのですが、個人的に色を黒で統一したかったので(あとは扱いが雑すぎて傷だらけだったため)変えました。それと同一のグレードにしようということで、フロントディレイラーも変えています。

 

 

 

 

 

 

 

本当に余談ですが、 

 このスマホホルダーが、取り付けてから一週間くらいで盗まれました…。こんなの盗んでどうするんだと思いましたが、世の中色んな人がいるものですね。このスマホホルダーについては、わりと緩めにハンドルに括り付けていたのですが、けっこうガッツリとネジで締めちゃって良いと思います。盗む側からすれば、時間はかけたくないもですし、1分2分くらい経過するとそれだけで盗む気が失せる割合が高くなるという話も聞きます。まあ結局なにが言いたいかというと、どんな時に見られているかわからないので、防犯対策はしっかりしましょうということですね。スマホホルダー一つ盗まれても数千円の損失で済みますが、自転車ごとパクられたら洒落になりませんから・・

『この文章を読んでも富士山に登りたくなりません』  語句の意味まとめ

『作家の放課後』の中に収録されている、森見登美彦氏の「この文章を読んでも富士山に登りたくなりません」を読んだので、分からない語句をまとめました。この作品は文庫本サイズで僅か12頁という非常に読みやすいものとなっています。語句の解釈については個人的なものです。

 

 

数字はページ数(文庫本)

 

159 快男児(かいだんじ)

性質がさっぱりした気持ちのよい男。快活で男らしい男。好漢。快男子。(goo辞書

 

   悪癖(わるくせ・あくへき)

悪いくせ。よくない習慣。(goo辞書

 

162 霊界(れいかい)

霊魂の世界。死後の世界。(goo辞書

 

   荒涼(こうりょう)

荒れ果ててものさびしいこと。また、そのさま。(goo辞書

 

   ストック

画像

 

164 山裾(やますそ)

山のふもと。山麓 (さんろく) 。(goo辞書

 

165 スーツにネクタイ姿の男が~

これは・・・「有頂天家族」に登場する鞍馬天狗!ではないのか?と思ったのですが、どうなんでしょう(苦笑)

 

   キテレツ

非常に風変わりであるさま。多く「奇妙きてれつ」の形で用いる。「奇妙―な格好」(goo辞書

 

166 スパッツ

画像

 

   ザックカバー

画像

 

167 凄絶(せいぜつ)

非常にすさまじいこと。また、そのさま。「―な争い」(goo辞書

 

168 疲労困憊(ひろうこんぱい)

ひどくつかれて苦しむこと。つかれはてること。「徹夜続きで―する」(goo辞書

 

170 無闇(むやみ)

結果や是非を考えないで、いちずに物事をすること。また、そのさま。「―な約束はしない方がよい」(goo辞書

 

 

 

 

 

今回読んだ文庫本はこちらです。

 

作家の放課後 (新潮文庫)

作家の放課後 (新潮文庫)

 

 

MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-R (クロスバイク)のサドル・ハンドル周り交換

自転車(MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-R)のカスタマイズをしました。今回はサドル周りと、ハンドル周りです。折角なので記録として残しておきます。

 

f:id:tarouhakase:20160612174921j:plain

 

 

 

 サドル周りとしては、以下の2点を交換しました。

セラSMP TRK メンズ ブラック
 

 

 

 

続いてハンドル周りです。

Bazooka(バズーカ) ストレートハンドルバー 25.4/580mm ブラック

Bazooka(バズーカ) ストレートハンドルバー 25.4/580mm ブラック

 

 

 

 

 

 

 

 

特にこの可変式ステムが気に入っていて、ハンドルを90度回すことが出来ます。駐輪場では、隣の自転車のハンドルとハンドルが干渉して取り出しづらい場面が多々ありましたが、これである程度緩和出来るでしょう。

f:id:tarouhakase:20160612174919j:plain

 

 

 

あとはブレーキワイヤーとシフトレバーを交換して、一応完了です。が、デフォルトのシフター兼ブレーキレバー(shimano ef-41)が、ボロボロだったの交換します。

まだ部品が届いていないので、詳細はまた後日となりますが、ブレーキレバーとシフトレバーを取り付けてワイヤーを交換して完了です。

 

 

 

 

 

[2017/04/20追記]

ブレーキの位置がおかしな事になっていますが、気にしないでください(苦笑)。なにせ初めての自転車改造で、闇の中を手探り状態で挑戦したためにフォークが正反対になっています。

f:id:tarouhakase:20170420203025j:plain

 

 

 

サドルの交換は簡単ですね。シートポストを外して、サドルを交換するだけです。難しい箇所はないです。問題はハンドル周りの方ですね。私のように、自転車の予備知識がない人がやるとなると、それなりに時間がかかります。一度組み立てる前に、地面に交換するパーツを並べてイメージしながらやると良いと思います。細かいやり方については、グーグル大先生にお世話になりました。Youtube等の動画サイトでも分かりやすい解説動画があるので、その辺を参考にすると良いと思います。

 

あとは、ハンドル系(シフターやブレーキ)を交換するのであれば、このタイミングで一緒にブレーキや、ディレイラー(変速機)を交換するといいです。というのは、新品のシフターやブレーキには、予めワイヤーが取り付けられており、それをディレイラー(変速機)やブレーキに取り付けることになるからです。つまり二度手間になりかねないので、一緒に交換してしまったほうが楽なのかな、というのが当時の感想です。

MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-R (クロスバイク)のクランク交換

自転車のクランク交換(MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-R)をしました。私は自転車に関しては全くの素人で、クランク交換にあたってはかなり苦労しました。折角なので記録として残しておきます。

f:id:tarouhakase:20160602211412j:plain

 

 

 

 

 

クランクとは何か?赤丸の部分です。

f:id:tarouhakase:20160602212238j:plain

 

 

 

 

 

 

 

さて、公式HPを見れば分かると思いますが、このクロスバイク、税込6万円程度で買ったものです。6万円というのはクロスバイクの中では安い部類に属する様ではありますが、学生の私にとっては大枚を叩く思いで買ったクロスバイクです。

しかし乗っているうちに幾つかの不満点が出てきたのも事実です。具体的には先ほどのクランク周りです。ペダリングが重い、とでも言えばいいのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

悩みに悩んだ末、クランク交換とBB交換をしようという決意に至りました。新しく購入したパーツは以下の通りです。

 

 

 

 

この他にも、コッタレス抜きやモンキーレンチ等々、必要な工具はありますが端折ります。

 [2017/04/21追記]

 クランク交換に必要な工具は、

 

 

 

SHIMANO(シマノ) アダプター戻し工具 TL-UN74-S

SHIMANO(シマノ) アダプター戻し工具 TL-UN74-S

 
パークツール(ParkTool) 自転車メンテナンス用グリース ポリリューブ1000 113g PPL-1

パークツール(ParkTool) 自転車メンテナンス用グリース ポリリューブ1000 113g PPL-1

 
シマノ コッタレスクランク専用工具 TL-FC10

シマノ コッタレスクランク専用工具 TL-FC10

 
KENOH モンキーレンチ 300mm

KENOH モンキーレンチ 300mm

 

 の5つです。やり方については、Youtube等で分かりやすい解説動画がありますのでそちらをご参照下さい。しっかりとコッタレス抜きを差し込むことがポイントです…。アーレンキー(六角レンチ)のサイズについては、自転車のクランクによって異なる可能性があるので、注意して下さい。工具に関しては、全て揃えても3,000-4,000円程度で住むはずです。

クランク交換に関しては、BB抜きとコッタレス抜きのマニアックな工具が必要とされるので、どうしても初期投資がかかります。しかしクランクを交換した後に乗ったペダルの軽さというか、脚の軽さには驚きました。交換するパーツのグレードにもよりますが、ここに記載したもので計算しますと、クランク、BBと工具全て揃えても、一万円で改造できるものですから、やってみる価値はあると思います。クランクを交換するくらいの気力があれば、あとの箇所はどうにでもなります。

 

 

 

 

 あとは、後輪固定用の

 があると非常に便利です。これは一つあるだけでかなり重宝します。値段も高くないのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車というのは底なし沼である、とはよく言ったものですが、クランク一つとっても僕がかった三千円程度のものもあれば、ウン万円するクランクもあります。高い値段のものはカーボン(炭素繊維)でできているらしく、とても軽くて剛健であるということです。百万円とか二百万円する自転車というのを時折カタログで見かけたりしますが、あれはそういったパーツ一つ一つにこだわり抜いた結果だということですね・・。

 

 

クランクが抜けなくなったので途中ギアプーラーを使いました

f:id:tarouhakase:20160602210943j:plain

 

 外れました

f:id:tarouhakase:20160602210936j:plain

 

 

 

 

 

メリダの公式HPには書いてありませんが、BBはVP-BC73Tです。

f:id:tarouhakase:20160602210941j:plain

 

 

 

BBを変えて

f:id:tarouhakase:20160602215357j:plain

 

 

 

 

完成です(パンパカパーン)

f:id:tarouhakase:20160602210938j:plain

 

 

インターネットで調べて見た限りですが、このクロスウェイブリーズの2014モデルくらいまではコンポが全てシマノ製でした。でも2016年モデルはブレーキ、クランク、BBユニットは別のメーカーです。なぜなんだ・・。

 

 

 

 

[2017/04/14追記]

「自転車 ギアプーラ」検索している方がこの記事にアクセスしてくれることが多いようです。参考になるか分かりませんが、私が使ったギアプーラーはこちらです。

SK11(エスケー11) ギアプーラー (2本爪) GPW-75

SK11(エスケー11) ギアプーラー (2本爪) GPW-75

 

 

まあギアプーラーであればなんでもOKでしょう。

こんなことを書くのは恥ずかしいのですが、クランク交換でネジ山を舐めるというのは、しっかりとコッタレス抜きを差し込んでいなかったということでもあります。なのでしっかりとコッタレス抜きを差し込んでいれば問題ないはずなのですが、それは後の祭りですから、どうしようもない場合にはギアプーラーで引っこ抜けるという選択肢もあるんだなという事を書いておきます。ただしギアプーラーを使った場合には、そのクランクは壊れるので覚悟が必要です。そもそもクランクを交換する時点で、そのクランクは使わないという方が大半なのでしょうが…。外し方は至って簡単で、この写真の用に、クランクにギアプーラーを「しっかりと」引っ掛けて、あとはレンチで回すだけです。私の場合、途中でレンチが回らなくなって、そこから思いっきり力をかけたら「スッ」と外れました。できれば二人以上で自転車を固定しながらやったほうが安全かと思われますが、私は一人で怪我をすることもなく、反動でぶっ飛ばされることも無かったです。

f:id:tarouhakase:20160602210943j:plain

『きつねのはなし』 果実の中の龍 語句の意味まとめ

森見登美彦『きつねのはなし』を読むにあたって、個人的に分からなかった語句をまとめました。解釈については個人的なものなので、一つの'参考'として捉えて下さい。数字はページ数(文庫版)です。

 

 

89 文机(ふづくえ)

《「ふみづくえ」の音変化》書き物や読書をするための和風の机。(goo辞書

 

  琥珀(こはく)

画像

 

90 没落(ぼつらく)

栄えていたものが衰えること。「―した貴族」(goo辞書

 

91 滔々(とうとう)

次から次へとよどみなく話すさま。「―と述べる」(goo辞書

 

92 ツヴァイクシュテファン・ツヴァイク

オーストリアユダヤ系作家・評論家(wikipedia

 

93 荒唐無稽(こうとうむけい)

言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「―な小説」(goo辞書

 

  ことさら

考えがあってわざとすること。また、そのさま。故意。「―な仕打ち」「―につらく当たる」(goo辞書

 

  滾々(こんこん)

渾渾/混混とも書く。

1 水がさかんに流れるさま。また、尽きることなくわくさま。「―とわき出る清水」

2 物事の尽きないさま。特に、弁舌などがとどこおりなくさわやかなさま。(goo辞書

 

  変遷(へんせん)

時の流れとともに移り変わること。「歌もまた時代につれて―する」(goo辞書

 

94 骨董(こっとう)

美術的な価値や希少価値のある古美術品や古道具類。骨董品。アンティーク。「書画―」(goo辞書

 

  鼻につく(はなにつく)

飽きて嫌になる。また、人の振る舞いなどがうっとうしく感じられる。「きざな話し方が―・く」(goo辞書

 

  雑然(ざつぜん)

いろいろなものが入り乱れて、まとまりのないさま。「―とした部屋」「―たる観念」(goo辞書

 

95 蚊蜻蛉(かとんぼ)

虫です。画像はこちら。僕は苦手です。

 

  あぐねる(倦ねる)

いろいろ努力しても思うような結果が得られないで困ってしまう。もてあます。(goo辞書

 

96 書き物[かきもの)

文字や文章を書くこと。「―で一日中忙しい」(goo辞書

 

  克明(こくめい)

細かいところまで念を入れて手落ちのないこと。また、そのさま。丹念。「―な記録」(goo辞書

 

97 暖簾をかける(のれんをかける)

営業を開始する、という意味ではないかと。

 

98 嬉々(きき)

笑い楽しむさま。喜びうれしがるさま。「―として戯れる」(goo辞書

 

  とりとめ(取り留め)

はっきりしたまとまり。それと定めた目的。「―のない話」(goo辞書

 

  銭湯行(せんとうこう)

せんとう「こう」で読み方あってるでしょうか。銭湯に行くことですね。

 

99 理知的(りちてき)

理知に富んでいるようにみえるさま。「―な顔立ち」(goo辞書

 

  小糠雨(こぬかあめ)

雨滴が霧のように細かい雨。ぬか雨。(goo辞書

霧雨との違いは何?と思い調べてみましたが、同じようなものと捉えて問題はなさそうです(知恵袋

 

101 仏頂面(ぶっちょうづら)

《仏頂尊の恐ろしい面相にたとえたもの。また、一説に「不承面 (ふしょうづら) 」の転とも》不機嫌にふくれた顔つき。不平らしい顔つき。仏頂顔。「―をする」(goo辞書

 

  異様(いよう)

ようすが普通でないさま。変わっているさま。「―な光景」「目が―に輝く」(goo辞書

 

103 錯綜(さくそう)

物事が複雑に入り組んでいること。入り交じって混乱すること。錯雑。「事件に関するさまざまな情報が―している」(goo辞書

 

104 脈絡(みゃくらく)

物事の一貫したつながり。筋道。「話に―がない」「説明に―をつける」(goo辞書

 

  門燈(もんとう)

画像

 

105 タカが知れる(たかがしれる)

感じで書くと「高が知れる」。つまり、程度が分かる。大したことはない。(goo辞書)(知恵袋

 

  藍色(あいいろ)

原色大辞典

 

106 短夜の狐たばしる畷かな(みじかよのきつねたばしるなわてかな)

内田百閒の句らしい。短夜は「短い夜。夜明けの早い夏の夜。(goo辞書)」、たばしる(た走る)は「勢い激しくとびはねる(weblio)」、畷は「田の中の細道。あぜ道。(weblio)」

つまり、短い夜(夜明けの早い夏の夜)に、田んぼのあぜ道に狐が飛び跳ねている」というニュアンスでしょうか。句に関しては、特に人それぞれで解釈が異なるのでなんとも言えませんが。

 

109 鼬(いたち)

画像

 

110 キリコ(ジョルジョ・デ・キリコ

イタリアの画家、彫刻家。(wikipedia

 

111 鎌首をもたげる(かまくびをもたげる)

自分の首を持ち上げるさま。「鎌首」は蛇などの特徴的な首の様子を指す表現で、物々しい雰囲気を出すために用いられることがある表現。(weblio

 

 113 変転(へんてん)

状態・情勢が移り、変化してゆくこと。「めまぐるしく―する世相」(goo辞書

 

 114 故買(こばい)

盗品であることを知りながら買うこと。窩主 (けいず) 買い。平成7年(1995)の刑法改正後は「有償譲 (ゆずり) 受け」という。(goo辞書

 

 115 焚書(ふんしょ)

 学問・思想を権力によって弾圧するための手段として、書物を焼き捨てること。(goo辞書

 

    仲違い(なかたがい)

 仲が悪くなること。なかたがえ。「兄と―する」(goo辞書

 

   激昂(げっこう)

 感情がひどく高ぶること。ひどく怒ること。げっこう。「―して机を叩く」(goo辞書

 

    座敷牢(ざしきろう)

 格子などで厳重に仕切り、外へ出られないようにして、罪人・狂人・放蕩者 (ほうとうもの) などを押し込めておく座敷。(goo辞書

 

 116 枕頭(ちんとう)

 まくらもと。枕上 (ちんじょう) 。(goo辞書

 

 117 国友一貫斎(くにともいっかんさい)

国友 一貫斎(くにとも いっかんさい、九代目国友 藤兵衛(- とうべえ) 安永7年10月3日1778年11月21日) - 天保11年12月3日1840年12月26日))は鉄砲鍛冶師、発明家。(wikipedia

 

    田辺朔郎(たなべさくろう)

 日本の土木技術者・工学者。琵琶湖疏水や日本初の水力発電所の建設、関門海底トンネルの提言を行った。(goo辞書

 

 120 精巧(せいこう)

仕組みが細かくよくできていること。また、そのさま。「―なからくり」(goo辞書

 

 121 痴話(ちわ)

 愛しあう者どうしがたわむれてする話。むつごと。転じて、情事。(goo辞書

 

    痴話喧嘩(ちわげんか)

 痴話から起こるたわいない喧嘩。(goo辞書

 

   凝る(こごる)

液体状のものが、冷えたり凍ったりして凝固する。「魚の煮汁が―・る」(goo辞書

 

 124 かつぐ

からかって人をだます。一杯食わせる。「友人にうまく―・がれた」(goo辞書

 

 130 澱む(よどむ)

 水や空気などが流れずにとまって動かない。「水が―・んでいる岩かげ」「空気が―・んでいる」(goo辞書

 

132 果心居士(かしんこじ)

室町時代末期に登場した幻術師。七宝行者とも呼ばれる(goo辞書

 

最後の方はあまり難しい言葉が無かったように思われます。この話に出てくる天満屋(先輩の妄想)は、『有頂天家族 二代目の帰朝』で登場する天満屋と同一人物なのでしょうか・・?